【EXHIBITION】ABSTRACT ONSELF / Heartbeat drawing – SASAKI

By 2014年11月03日 blog No Comments

sasaki

ミツメでは心臓の鼓動をイメージ化するHeatbeat Drawing(ハートビート・ドローイング)を描き続けるSASAKI氏の個展「ABSTRACT ONESELF」を開催します。これまで約20年間にわたり全世界で描き続けてきた鼓動の数は約2,000万を超え、さまざまな参加者とのインタラクティブな作品制作手法も含め、その活動は一般的な平面作品のから、ドローイングがそれぞれの地域、人、開催地に所有されていくことも含めてがアートワークとSASAKIが語る通り、壮大なアートプロジェクトと変化してきました。本展ではこれまでの白と赤を基調とした作品から一変し、黒と銀素材を用いた手法での新作を発表します。

関連企画として開催されるハートビートドローイングパフォーマンスでは、本展に出品される大型作品を公開制作もおこないます。公開制作やパフォーマンスも含め、他者との関係の中で言語的なコミュニケーションを一切排除し、鼓動を通した視覚的なインタラクションを徹底してきたSASAKI氏のさらなる自己抽象化の試みをぜひご覧ください。

ABSTRACT ONESELF / Heartbeatdrawing – SASAKI
会期:20141126日(水)~1214日(日) 月休み
時間:12:0021:00(入場は閉場の30分前まで) 
入場料:無料
主催:ミツメ

<関連企画1公開制作>
20141122日(土)
時間:15:0021:00 
入場料:無料 (1ドリンクオーダー制)

<関連企画2-HEARTBEAT DRAWINGパフォーマンス>  

20141122日(土)
時間:17:0021:00 
入場料:無料(1ドリンクオーダー制)

ABOUT HEARTBEAT DRAWING :

“HEARTBEAT DRAWING (ハートビート・ドローイング)”、それは、心臓の鼓動を記録的に描くドローイングは1995年から継続され、エアーブラシやペンなどを使い、赤いインク(時には特殊な素材を使用)で鼓動のラインが網目状にびっしりと支持体に描かれるドローイングは生命の無限の広がりを彷彿とさせる。このアートプロジェクトでは、個々のドローイング作品は一連の中の断片として存在し、また、ドローイングが人々や場所に所有されていくことも重要なアートワークであると位置づけている。「この世に受けた生を存続させるための根源であり、誰もが生きることの本質的なものとして認識している心臓の鼓動。それは、いまを生きる生命の証であり、生命をもつものすべてが共有する絆である。ハートビートドローイングとの共有は、生を継続的なものとして人々と共有するという、大きな広がりを持つプロジェクトへの参加を意味する。1995年からこれまでに描いた鼓動数は2000万を超え、世界の人々に所有されている鼓動数は500万を超えようとしている。

Ever since 1995, SASAKI has been obsessively continuing to produce his “Heartbeat Drawings”.  Dipping his originally created pen in red ink and other tool, he solely devotes to inscribe and record the heartbeat.  Individual drawing as a fragment of his entire activity shows the fine lines of the red ink forming a dense sort of net that support a figure, suggesting the unlimited expanse of life.”Beat of the Heart” – the fundamental on which life in this world is given continuity, the essence of “living” as we all recognize.  It is the proof of the living in the ‘now’ and the bond “shared” by all forms of life.  “Sharing-owning” of the Drawing is about participating in this ever expansive project where one shares with others “life” as a continuous element.  Today the 5million-strong community shares the heartbeat which is now 20 million and counting.  
HEARTBEAT DRAWING is progressing with the heartbeats of human beings.

SASAKI / PROFILE
1995年、心臓の鼓動を記録的に描くドローイング“HEARTBEAT DRAWING”を開始する。これまでに描かれた鼓動数は2,000万を超え、このアートプロジェクトでは、ドローイングが人々や場所に所有されていくこともアートワークであると位置づけられている。2007年以降、人々の鼓動をポートレイトとして描くインタラクティブなライブパーフォーマンスも行っている。現在、活動のフィールドを広げるため、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動。おもな活動に、1999年チナティ・ファンデーション (マーファ, テキサス州・アメリカ)2000年東京オペラシティーアートギャラリー、2001年~ギャラリー360°(東京)2006年『LIFE』水戸芸術館現代美術ギャラリー、2007年「Zero HourGooden Gallery (ロンドン・イギリス)2008 Hebel_121 (バーゼル・スイス)、ネパール・アート・カウンシル(カトマンズ・ネパール)、『Wall to WallFilosofgangen (オーゼンセ・デンマーク)、『時の形』丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)、2009年『A Starting Point』上海証大現代美術館 (上海・中国)2010 3331Arts Chiyoda (東京)など国内外での展覧会等多数。2011年、第54回ベネチア・ビエンナーレ国際展への参加を予定している。(2004VOCA奨励賞受賞、2008年文化庁在外派遣芸術家フェローシップなど。)詳細はホームページ http://www.heartbeatdrawing.net

SASAKI / Profile
In 1995, SASAKI started to draw ‘Heartbeat Drawing’, in which he records the heartbeats. Today, the heartbeat which have come to be drawn is over 20 million and counting.  To be shared the drawings by people and in spaces is also the artwork for the Heartbeat Drawing project.  Since 2007, he has also started to perform the interactive live performance (performative drawing) that he draws ‘portraits’ of his and other’s heartbeats.  Currently SASAKI is based in Los Angeles to widen the field of his activity.  Selected exhibitions are as follows; in 1999 The Chinati Foundation, Marfa, Texas, USA.  In 2000 “To Call Me You”, Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo, Japan.  In 2001 “To People All Over The World” 2001- Gallery 360°, Tokyo, Japan.  In 2006 “LIFE”, Contemporary Art Center-Art Tower Mito, Ibaraki, Japan.   In 2007 “Zero Hour” Vine Space, London.  In 2008 Hebel_121, Basel, Switzerland, “Wall to Wall”, Filosofgangen, Odense, Denmark, Nepal Art Council, Kathmandu, Nepal. “Form of Time”, Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art (MIMOCA), Kagawa, Japan.  In 2009 A Starting Point: Intrude Art & Life 366, Dynamics of change and growth, Shanghai Zendai Museum of Modern Art, Shanghai, China.  In 2010 3331 Arts Chiyoda, Tokyo, Japan.  There are many other exhibitions in Japan and abroad.  In 2011 Heartbeat Drawing will be participate in 54th Venice Biennale 2011.  (in 2004 Awarded Encouragement Prize “VOCA 2004”, Japan. in 2008, Awarded the Fellowship of Overseas Study Program for Artists by the Agency for Cultural Affairs of Japanese Government.)  For more information : http://www.heartbeatdrawing.net

Leave a Reply