【GREETING】 A HAPPY NEW YEAR 2015

By 2015年01月14日 blog No Comments

2015

A HAPPY NEW YEAR 2015!

皆様あけましておめでとうございます!

昨年はスタートダッシュということで、オープンからの3ヶ月間、アート、ファッション、音楽、映像、食、パフォーマンス、ものづくりと領域横断し続ける秋、冬シーズンでした。今年は元旦から「みちのえき」企画、「萬年橋ナイト!オープン」の開催、萬年橋エリアマップの発行と、1月半ばではありますが、昨年から準備してきた企画を開催しています。

スクリーンショット(2014-12-22 12.49.54)

オープン_top
今月17日からは「バランス アンバランス 沢村つか沙」展、27日は新企画「ミツメル」(詳細は近日公開)、30日からは「雪の国の白雪姫 ー7つの衣装と物語 谷川夢佳」展を開催します。どれもこれまでのミツメにはなかった主旨の企画になります。「みたことがないこと」「まだ知らないこと」をみつめてみよう、そういう初心の気持ちをもって企画していますので、ミツメに来た事がある皆さんには、もし普段は興味がないジャンルだとしても、あえてふらっと足を運んでもらいたいなと実は思ってます。来場者が「新しい視点に出会う」「新しい表現をみつめる」ための場をつくれたら、というミツメのテーマの通り、この場があったからこんな人に出会えた、こんな表現に出会えた、こんな体験ができたっていう反応があればそれはありがたいことです。

kaitei

mitsume19

それぞれの企画は作家との出会いからはじまり、「とにかくやろう」の一声からスタートしています。大きなスペースや商業施設ではなかなかできないことや、形式にはまらないこと、やっている自分たちが一番楽しいことを大事にしようと話しています。企画段階から「YOU & I」より「WE」で、だけど仲間うちの遊びにならないようにバランスをつくるようにしています。その工夫が、会場の雰囲気や空気感につながっていれば幸いです。展示開催中は作家さんが会場にいる頻度も多く、公開制作等もあります。人、モノ、空間、会話、いろんなカタチで楽しめる企画が多いです。

皆さんおそらくもう気づいていると思いますが、、、ミツメは芸術的、現代的なギャラリーとも少し違うし、かといってお洒落さんが集まるカフェの仲間入りはできない、悪く言えば中途半端で、いろんな境界線をふらつきながらの運営。よく言えば、今流行のパブリックとプライベートの中間地点、コラボが生まれやすいオープンスペースといったイメージが近いところだと思います。ただ勝手に決めるなら、むしろ小さな「工夫を楽しむ場」というニュアンスが近いと思っています。そんなビジネスモデルなんてないし、ごちゃごちゃ抜かすなと書きながら思ってますが、制約だらけの中での状況でもインディペンデントに面白いことをしていこうという経緯でスタートした事実からすると、リアルに言えば、今のところはそんな場所です。

実は、ミツメは2004年に「古いものと新しいものをみつめる場」というコンセプトのもと、石川県の蔵をリノベーションしてはじまったプロジェクトがスタートです。スペース名は2009年のリノベーション完成後につけられました。他の施設の立ち上げなどで予定外に忙しくなってしまった後、一目惚れした空間が清澄白河と森下の中間地点。予想はしていたけど、そのまま「ミツメ」というスペース名にしたのが最後、「三ツ目通りじゃなくて、一ツ目通りだけど大丈夫?」と心配されています。会話のきっかけになるのでとても助かっています。オリンピックの決定もまったく考えず、おしゃれなコーヒーの町ということも気づかず、のんびり萬年橋の麓からスタートしようとはじめたのが、2013年7月。そして、気づけば2015年というわけです。

renovation2

2013.09.08 MITSUME

renovation

2013.09.10 MITSUME

つい先日に、「清澄白河をお洒落なエリアにしようとしているな。萬年橋爆破するぞ!」なんて初対面の方に冗談半分で言われたことがありました。タイミング的にお洒落になりつつある?エリアだからかもしれないし、ギャラリーやカフェ=おしゃれみたいなステレオタイプなイメージが先行してしまってるのかもしれない。なので、ミツメの活動もそう思われて当然ですね。でも残念ながら、「清澄白河をおしゃれにするぞ」とか、「地域にひらけたオープンスペースをつくるぞ!」といった野望はゼロです。お洒落さんではないのでご安心ください。何もないゼロの地点からモノをつくる、場をつくる、シーンをつくる、言葉にできない表現のディープさを保ちつつ、いかに面白く翻訳してカタチにできるかを、毎回ひと手間かけてやってます。1人1人と話しながらやってるので時間はかかりますが、そんなことを今年もやっていくと思います。面白いことやっていれば面白い人が集まって、うねりができるし、できなければ終わり。厳しい世界ですね。

2014年はミツメ周辺には面白い仲間がたくさんいることを発見できた年でした。とにかくみんな工夫屋さんで、ミツメの空間もいろいろ勉強させてもらいながら、日々成長しています。萬年橋の麓は空気も、景色もすごく心地いいです。だからこそ他力本願にならずに、その良さをマイペースに工夫して、伝えていきます。そして当初のプロジェクトだった石川と東京の「面白い」を繋げるという活動も少しずつ実践していきます。

あと、もう1つ。ミツメは機能としては、クリエイティブスペースであり、カフェであり、バーです。展示もするし、イベントもする。コーヒーもビールも飲めるし、楽しみ方は多種多様。看板がないのでわかりにくいと、親切にアドバイスいただくことが多いです。自分で情報を掘り起こすような時代ではないですからなおさらです。非常にわかりにくくてごめんなさい。その通りなんです。そして、だからこそそのハードルを超えて来てくれた人は何度も足を運んでくれるし、「秘密基地みたい」だとか、「なんか落ち着くんだ」と言ってくれた時は、やっぱり嬉しいの度合いが違います。(飲食のプロからすれば完全に自己満足と怒られますが、、)そして、その初心を忘れずにやっていこうと思います。

2015年も「どうか来てください」より、みなさんに行ってみたいという気持ちになってもらえるように活動していきます。あ、でもサインは計画通り、現在制作中ですのでご安心を!

相変わらず展示によってスケジュールが変更する不定期なオープンになりますが、2015年もミツメを宜しくお願いいたします!

DRIINK. CREATE. LIVE.
FACEBOOK:   https://www.facebook.com/projectmitsume
TWITTER: https://twitter.com/projectmitsume

 

Leave a Reply